Twetterで大反響をいただきき、たいやき雑貨通販サイト『食べられないたいやき屋』で連日ご注文をいただいている「たいやきマスク」の小さいサイズを作りました。

 小さなお子さん向けのサイズと、やや大きめのお子さんや小柄な女性にあわせたサイズのマスクです。

 2020915日の発売予定です。

たいやきマスク小サイズ1

■発売前から人気になった「たいやきマスク」

「たいやきマスク」はその名の通り、たいやき
ともえ庵が作ったたいやきの形をしたマスクです。新型コロナウイルスの感染拡大防止のためマスクの着用が必要になる中、どうせなら面白いマスクを付けて楽しもうという発想で、今年(2020年)6月に発売しました。「たいやきマスク」の詳細は、ブログ記事「たいやきマスクを作りました!」をご覧ください。

この「たいやきマスク」は発売前のTwitterでの告知段階から話題になりました。1万回近いリツイートをいただき、ネットメディアに掲載され、さらにはテレビの人気情報番組でも紹介さたのです。

その結果、店頭に予約申し込みが殺到しました。当初の予定では、店頭発売後すぐに販売サイトを立ち上げるはずだったのですが、店頭での予約への対応を優先するため、製造方法を見直し、縫製の体制を強化、何とか2カ月で店頭予約分をお届けすることができました。

■たいやき雑貨販売サイト「食べられないたいやき屋」でも人気に

 その後、店頭予約分への対応の見通しが立った7月末に「たいやきマスク」をはじめとした、たいやき雑貨、たいやきグッズの販売サイト「食べられないたいやき屋」をオープン、ネット販売を開始しましたが、ここでも人気となり、あっという間に1カ月先まで予約注文が埋まりました。

 約1カ月経って、生産のペースが上がったこと、注文が少し落ち着いたことで何とか注文に追い付けるようになり、9月中旬からはともえ庵の店頭、サイトの両方で在庫を持つことができるようになりましたが、その後も毎日途切れなく注文をいただいています。

■ご要望が多かった子供、女性用の「たいやきマスク」

 発売当初より、「子供用がほしい」、「小柄な女性向けの小さめのサイズがほしい」との声をいただいていました。ただ、上で説明したとおり、これまでは普通サイズのマスクの注文が、うちの店にとっては“殺到”状態だったので、作ることができませんでした。

 しかし、発売から3か月が過ぎ、生産がかなり早くできるようになったことや、当初に比べて注文量が落ち着いてきたことにより、ようやく小さなサイズのものを作る余裕ができました。

■子供、女性用の「たいやきマスク」の特徴

 子供、女性用の「たいやきマスク」について詳しく紹介します。

2つのサイズで作っています

 子供、女性用の「たいやきマスク」は2つのサイズで作っています。

 小サイズ(3歳~小学校低学年向け)と中サイズ(小学校高学年~小柄な女性向け)です。マスクのサイズは体の大きさ、もっと言えば顔の大きさで決まりますので、想定している年齢は目安です。

たいやきマスク小サイズ3

モデルの女の子は4歳、身長約100cm

6610

モデルの女性は身長143cm

 大人用の「たいやきマスク」と中サイズのものを同じ女性に着けてもらった写真です。参考に皆さんがおそらくお手持ちの“あのマスク”を着けてもらった写真も撮影しました。

 中サイズでもかなり小さいのがわかっていただけると思います。

図1

 

 大人用、中サイズ、小サイズの「たいやきマスク」を並べるとこんな感じになります。上段が大人用です。

6765

 縦にも並べてみました。

6760

・単に小さくしただけではありません

「たいやきマスク」のベースになっている立体マスクの場合、単に型紙を縮小するだけでは小さなサイズのマスクにはなりません。特に違うのがマスク中心部分の彎曲。そのまま縮小すると完成したものの湾曲が大きくなりすぎるのです。なので、小さなサイズのマスクはわずかに中心部分の彎曲を浅くして、完成した時に同じような感覚で着けられるようにしました。

・生地と色はあえて大人用と同じものにしました

 生地と柄の色はあえて大人用のものと同じ生地、同じ色の柄にしました。親御さんからは、子供らしい色のマスクというご要望もあったのですが、あまり違った色にするとたいやきに見えなくなるからです。また、小さなお子さんにとっても、大人と同じものを使うことができる方が嬉しいのではないかと思いました。

 ただし、あまり厚手の生地のマスクは小さなお子さんには大変だと考えたので、小サイズ(3歳~小学校低学年向け)はやや薄手の生地を使った白色柄のものにし、中サイズ(小学校高学年・小柄な女性向け)をやや厚手生地の茶色柄にしました。

 少しわかりにくいかもしれないので、サイズと生地と色を図に整理しました。

図2

・価格は大人用と同じです

 ごめんなさい。サイズはやや小さくなる子供、女性用のマスクですが、価格は大人用と同じです。

というのは、製造原価がほとんど変わらないからです。確かに布地や糸は少なくなりますが、その差はごくわずかなので、ほとんど値段は変わりません。製造工程は、大人用のマスクと同様に手間をかけて1枚ずつ手作業で柄を入れ、手作業で縫製しているので、同じか、むしろ小さなサイズのマスクを仕上げる方が手間がかかるくらいです。

特に小サイズについては、小さなお子さん用なので、多少は安い価格にすることも考えたのですが、同じコストの者を無理に安くするより、正直に価格をいただき、しっかりと製造する方が良いと判断しました。

・マスクとして安心して使っていただける品質です

「たいやきマスク」は、サイズを問わずマスクとしてしっかりと使っていただける品質を第一に考えて作っています。

 既に販売している大人用の「たいやきマスク」は、見かけの可愛さを誉めていただくことが多いのですが、ご購入いただいた方からはそれと同様に着け心地の良さを評価していただいています。ご購入いただいた方のリピートのご注文がかなり多くあり、実際に使ってご満足をいただけていることがわかります。

■お求めはたいやき
ともえ庵の店頭か、販売サイト「食べられないたいやき屋」で

「たいやきマスク」は、たいやき
ともえ庵の店頭とたいやき雑貨販売サイト「食べられないたいやき屋」でお買い求めいただけます。

 このブログ記事を書いている9月中旬時点では、大人用の「たいやきマスク」はやや在庫に余裕ができているので店頭、サイトともすぐにお求めいただくことが可能ですが、少し話題になるだけで売切れてしまうので、その場合には予約を受け付けさせていただきます。

 少しだけですが、店頭販売の方がお得な値段になっています。

6717

子供、女性用の小サイズ、中サイズもともえ庵の店頭とサイト「食べられないたいやき屋」で販売しています。大人用のマスクと同様に、売り切れた場合には予約受付をさせていただきますので、ご利用ください。

親子、ご夫婦、カップル、お友達などでペアで「たいやきマスク」を使っていただき、たくさんのたいやきを街で見かけるようになれば楽しいと思っています。

もちろん、その先にはマスクが必要ない社会になることを祈っているのは言うまでもありませんが、それまではマスクを前向きに楽しんでいただければと思います。